Bahasa Melayu TUFS 文法

序数:ke-X「X番目の」

「X番目の」というように、1つずつ数えていった際の個々の要素の順序を表す数の形式を「序数」と呼びます。英語では first、second、third、fourth…のような語が序数です。序数は通常の数詞に接頭辞 ke- を付加することにより作られます。ただし、「1番目の、最初の」は pertama という特別な形を用います。

pertama「1番目の、最初の」
kedua「2番目の」
ketiga「3番目の」
keempat「4番目の」
kelima「5番目の」
keenam「6番目の」
ketujuh「7番目の」
kelapan「8番目の」
kesembilan「9番目の」
kesepuluh「10番目の」
kesebelas「11番目の」
keberapa「何番目の?」

数字をローマ字ではなくアラビア数字で書く際には、ke- と数字の間に「-」が入ります。この方法は大きな数について用いられます。

ke-46「46番目の」

序数は名詞の修飾語として、名詞の後に置かれます。名詞の数量を表す通常の数詞は名詞の前に置くので、違いに注意しましょう。

名詞 序数「X番目の~」
≠《数量》 名詞「X個の~」

minggu kedua 「第2週」 ≠ dua minggu 「2週間」
kali ketiga 「3回目」 ≠ tiga kali 「3回」

Awak pernah ke Singapura dulu? — Pernah. Kali ini kali ketiga.
「君はシンガポールへ行ったことがありますか? — あります。今回が3回目です。」
Hamidah anak keberapa? — Saya anak sulung, maknanya saya anak pertama.
「ハミダは何人目の子供なの? — 私は長女、つまり1番目の子供ということです。」