Bahasa Melayu TUFS 文法

比較(2):lebih ~「より~」、paling ~「一番~」

ある形容詞について、二者を比べて「AはBより~だ」のように一方が他方より程度が高いことを表したり、3つ以上を比べて「AはBの中で一番~だ」のようにいずれかが最も程度が高いことを表すには、それぞれ lebih、paling を形容詞の前に置き、以下の構文を用います。

A lebih 形容詞 daripada B「AはBよりも~だ」
A paling 形容詞 di (antara/dalam) B「AはB(のうち/中)で一番~だ」
paling の構文のBの部分に数詞を含む表現が来る場合、ke- + 数詞の重複形を用います。

Gunung Kinabalu lebih tinggi daripada Gunung Fuji.
「キナバル山は富士山より高いです。」
Negeri Sarawak paling besar di Malaysia.
「サラワク州はマレーシアで一番大きいです。」
Saya paling suka nasi goreng Pataya di antara kelima-lima jenis nasi goreng itu.
「その5種類のナシ・ゴレンのうちで、私はナシ・ゴレン・パタヤが一番好きです。」
Dia paling pandai di dalam kelas ini.
「彼(女)はこのクラスで一番賢いです。」

比較した際、どの程度差があるかを表す表現は、lebih の前に置きます。

Kos hidup di Malaysia jauh lebih murah daripada kos hidup di Jepun.
「マレーシアの生活費は日本よりずっと安いです。」
Fakulti Kejuruteraan dua kali ganda lebih jauh daripada Fakulti Sains Sosial.
「工学部は社会科学学部より2倍遠いです。」
Abang saya empat tahun lebih tua daripada saya.
「私の兄は私より4才上です。」

paling の前に序数を置くことにより、「X番目に~」のように、程度が最も高いものに次ぐことを表せます。

Negara kami adalah negera kedua paling kecil di Asia Tenggara.
「私たちの国は東南アジアで2番目に小さな国です。」
Jalan raya di Malaysia ke-17 paling bahaya di dunia.
「マレーシアの道路は世界で17番目に危険だ。」