Bahasa Melayu TUFS 文法

-kan動詞(2):便宜供与

-kan動詞(1):使役」では、-kan動詞の規則的な意味として、使役の用法を学びました。-kan動詞にはもう一つ規則的な意味があります。便宜供与の用法です。便宜供与とは、ある人(行為者)が別の人(受益者)のために何かをしてあげることいいます。

使役の-kan動詞が本来的に他動詞でない語根から作られるのに対し、便宜供与の-kan動詞は本来的に他動詞である語根から作られます。

便宜供与の用法の -kan動詞は普通、2つの名詞句を連続して取る、二重目的語構文になります。受益者を前置詞 untuk「~のために」を用いて表すこともできます。その場合の語順は、接頭辞 -kan が付かない文と同じになり、二重目的語構文の場合とは異なるので、注意が必要です。別の言い方をすれば、受益者を untuk を用いて表す場合、-kan はオプショナルになります。

行為者 (A) meN-~-kan 受益者 (B) 目的語 (C).「AがBにCを~してあげる/くれる」(二重目的語構文)
= 行為者 (A) meN-~-kan 目的語 (C) untuk 受益者 (B).「AがBのためにCを~してあげる/くれる」
= 行為者 (A) meN-~ 目的語 (C) untuk 受益者 (B).「AがBのためにCを~する」

-kan動詞文と-kan の付かない文とを比べてみましょう。

-kan動詞文(二重目的語構文):Ibumembuatkansayakaripap.「お母さんは私にカレー揚げパイを作ってくれた。」
-kan動詞文:Ibumembuatkankaripapuntuk saya.「お母さんは私のためにカレー揚げパイを作ってくれた。」
-kan の付かない文:Ibumembuatkaripapuntuk saya.「お母さんは私のためにカレー揚げパイを作った。」

Tolong belikan saya sepasang kasut.
= Tolong beli(kan) sepasang kasut untuk saya.
「私に靴を一足買って下さい。」
Ahmad mencarikan kawannya ubat Panadol.
= Ahmad mencari(kan) ubat Panadol untuk kawannya.
「アフマッドは友達のために痛み止め/解熱薬(パナドール)を探してきてあげた。」

便宜供与の -kan動詞文では、常に受益者を表さなければならないわけではありません。ただし、受益者が表されない場合でも、それは単に音にして明示されないだけで、受益者は存在しています。このような場合、-kan動詞文は便宜供与を表し、対応する -kan の付かない文は単に行為を述べるだけという違いがあります。

Ibu membuatkan karipap.
「お母さんはカレー揚げパイを作ってくれた。」
cf. Ibu membuat karipap. 「お母さんはカレー揚げパイを作った。」