Bahasa Melayu TUFS 文法

-i動詞(2):感情・心的作用

-i動詞(1):方向」では、-i動詞が物理的な行為を表し、目的語としてその行為が向けられる方向や場所を表す表現が続く用法を学びました。-i動詞には、「好き」「嫌い」などの感情や「知っている」「信じる」などの心的作用を表し、目的語としてその感情や心的作用の対象を表す表現が続くものがたくさんあります。

主語 (A) meN-~-i 気持ちの向かう方向・心のありか (B).「AがBを~する」

Kita harus menghormati orang tua.
「私たちはお年寄りを敬うべきです。」(menghormati「~を尊敬する、敬う」cf. hormat「敬意を持つ」)
Pelajar itu lebih meminati aliran sains dan tidak menyukai aliran sastera.
「その生徒は理系の方に興味があり、文系は好きではなかった。」(meminati「~に興味を持つ」cf. minat「興味がある」;menyukai「~を好む」cf. suka「好きだ」)
Cintailah bahasa kita.
「私たちのことばを大切にしましょう。」(mencintai「~を愛する」cf. cinta「恋、愛」、membenci「~を嫌う、憎む」)
Syed menyayangi isterinya.
「サイドは妻を愛おしく思っている。」(menyayangi「~を愛おしく思う、かわいがる」cf. sayang「愛おしい」)
Emak selalu memarahi aku.
「お母さんはいつも僕に怒っています。」(memarahi「①~に腹を立てる②~を叱る」cf. marah「怒った」)
Kita selalu membaca buku-buku rujukan dan ensiklopedia untuk mengetahui kehidupan burung-burung yang kita sukai.
「私たちはいつも、好きな鳥の生態について知るために、参考書や百科事典を読んでいます。」(mengetahui「~を知る」(= meng- + ke + tahu + -i, ×menahui) cf. tahu「知っている」)
Walaupun dia tidak pandai bercakap, dia memahami perkara yang saya katakan.
「彼(女)は話すのは上手くないが、私の言うことを理解する。」(memahami「~を理解する」(×memfahami)cf. faham「分かる」)
Saya tidak boleh mempercayai janjinya.
「私は彼(女)の約束を信じられません。」(mempercayai「~を信じる」cf. percaya「信じる」)

方向の -i動詞と同様に、感情・心的作用の -i動詞の多くも、-i が付かない文で言い換えることができます。その場合、気持ちの向かう方向や心のありかを表す表現は、pada や kepada、dengan などの前置詞を伴います。ですので、やはり -i動詞は動詞と前置詞をまとめて一つにした形と考えることができます。

Pelajar itu lebih meminati aliran sains dan tidak menyukai aliran sastera.
= Pelajar itu lebih berminat dengan aliran sains dan tidak suka kepada aliran sastera.

「その生徒は理系の方に興味があり、文系は好きではなかった。」
Dia benar-benar mencintai lelaki itu.
= Dia benar-benar cinta dengan/pada/kepada lelaki itu.

「彼女は本当にその男に惚れていた。」