Bahasa Melayu TUFS 文法

疑問詞の重複形

疑問詞を繰り返すと、英語の any-X に相当する表現になります。

apa-apa「何でも/何も/何か」(anything)
sesiapa (口語:siapa-siapa)「誰でも/誰も/誰か」(anybody)
mana-mana①「どれでも/どれも/どれか」(any one)
②「どこでも/どこも/どこか」(anywhere)
bila-bila「いつでも/いつも/いつか」(anytime)
【発展編】some-X の「何か」、「誰か」、「どれか」、「どこか」、「いつか」

英語の some-X で表される「何か」、「誰か」、「どれか」、「どこか」、「いつか」は疑問詞の重複形では表せません。以下の表現を用います。

sesuatu「何か(something)」
seseorang「誰か(somebody)」
salah satu「どれか(some one)」
suatu tempat「どこか(somewhere)」
suatu masa「いつか(sometime)」

Awak nak makan apa malam ni? — Apa-apa pun boleh.
「今晩何が食べたい? — 何でもいいよ。」
Saya sangat lapar kerana belum makan apa-apa pun sejak pagi.
「私は朝から何も食べていないので、腹ペコです。」
Boleh tak sesiapa tolong aku? Bila-bila pun boleh.
「誰かあたしを手伝ってくれる?いつでもいいんだけど。」
Kalau dia pergi ke mana-mana, dia sentiasa bersama isterinya.
「彼がどこかへ行くときには、いつも奥さんと一緒です。」

疑問詞の重複形は名詞の前に置かれ、名詞を修飾することもあります。その場合は英語の any X に相当します。

Kami tidak ada apa-apa masalah dengan perkara itu.
「私達はそのことについては何の問題もありません。」
Awak boleh datang ke bilik saya pada bila-bila masa saja.
「いつでも私の部屋に来ていいですよ。」