Bahasa Melayu TUFS 文法

助数詞

マレー語では、数量表現が名詞を直接修飾できますが、2つの要素の間に助数詞と呼ばれる語を入れることもできます。

数量 (助数詞) 名詞
用いられる助数詞は、名詞の表す事物の特性により決まっています。主な助数詞には以下のものがあります。(その他の助数詞は「助数詞一覧」を参照。)
orang 人間。「人、名」
pelajar「学生」、anak「子供」、ibu「母」、doktor「医者」、kawan「友達」
ékor動物「匹、頭、羽」
kucing「猫」、anjing「犬」、gajah「象」、burung「鳥」、ikan「魚」、haiwan「動物」
buah比較的大きく、立体的なもの。抽象物。「個、台、軒」
rumah「家」、buku「本」、meja「机」、kerusi「椅子」、bilik「部屋」、gunung「山」、negara「国」、negeri「州」、idea「考え」
biji比較的小さく、立体的なもの。「個」
kelapa「ココナッツ」、mangga「マンゴー」、cili「唐辛子」、telur「卵」、bola「ボール」、cawan「カップ」、pinggan「皿」
helai平たく、二次元的なもの。「枚」
baju「服」、kertas「紙」、tuala「タオル」、rambut「髪」、daun「葉」
batang長細く、棒状のもの。「本」
pen「ペン」、rokok「たばこ」、pokok「木」、jalan「道」、sungai「川」

satu「1」は、助数詞の前では se- という接頭辞の形を用いるのが普通です。

seorang pelajar「1人の学生」
dua orang pelajar「2人の学生」
empat buah buku「4冊の本」
beberapa helai kertas「数枚の紙」

単位や容器なども助数詞と同じように用います。

sepasang stoking「1組の靴下」
dua cawan teh「2杯のお茶」
100 gram daging ayam「100グラムの鶏肉」

数量が何についてであるかが自明な場合、普通、名詞を表現する必要はありません。

(ミカンをたくさん買ってきた友達に対して)
Wah, banyaknya! Awak beli berapa biji? — Err, lebih kurang 15 biji.

「わぁ、いっぱい!いくつ買ったの? — えーと、だいたい15個くらい。」