Bahasa Melayu TUFS 文法

形容詞文

これまでに名詞文前置詞文を習いました。形容詞句を文の述語とすることもできます。その場合、前置詞文と同様に、英語の be動詞のようなものは不要で、形容詞句を直接、文の述語として用いることができます。名詞文、前置詞文と同様に、主語と述語の間に adalah を入れることも可能ですが、普通は用いません。

主語 (A) (adalah) 形容詞句 (B).「AはBです。」

Baju awak cantik.
「君の服、かわいい。」
Bilik ini sejuk.
「この部屋は寒いです。」

形容詞の程度を表す語句には、以下のものがあります。形容詞の後に置くものは口語体です。

Mi goreng ini sangat pedas.
「このミ・ゴレンはとても辛い。」
Bagaimana kopi itu? Sedapkah? — Kopi ini terlalu manis.
「そのコーヒーはいかがですか?おいしいですか? — このコーヒーは甘すぎます。」
Pelajar tu pandai betul. Tapi dia malas sikit.
「その学生、ホント賢いんだけど、でも、ちょっと怠け者なんだよ。」