教育情報化支援室 利用規程

(目的)

第1条 この規程は、東京外国語大学外国語学部教育情報化支援室(以下「支援室」という。)が管理する研究講義棟内の情報・視聴覚教育機器及び教材並びに支援室が提供する支援の利用に関し、必要な事項を定めることを目的とする。

(利用資格)

第2条 情報・視聴覚教育機器及び教材を利用できる者、授業における情報・視聴覚教育機器及び教材の活用に関し支援室より援助を受けることができる者は、次のとおりとする。
  1. 本学の教職員
  2. 本学の学生
  3. その他支援室室長が適当と認めた者

(利用目的)

第3条 支援室の利用は以下の目的に限る。
  1. 授業のための利用
  2. 研究のための利用
  3. その他室長が特別に認めた場合

(利用の手続き)

第4条 支援室を利用しようとする者は、所定の申し込みを行い、室長の許可を受けなければならない。
第5条 支援室の窓口対応時間は、室長が別に定める。

(利用上の注意)

第6条 情報・視聴覚教育機器及び教材を利用する者は、この規程及び室長の指示する事項を遵守し、機器等を常に良好な状態に保つよう努めなければならない。
2 利用する者が故意又は重大な過失により機器等を破損し、又は紛失したときは、その損害に相当する費用を弁償しなければならない。

(利用許可の取消し等)

第7条 室長は、利用する者がこの規程に違反し、又は管理運営上支障があると認めたときは、利用の中止を命じ、許可を取り消すことがある。

(雑則)

第8条 この規程に定めるもののほか、支援室の利用に必要な事項は教育支援室会議の議を経て、室長が定める。

附則

  1. この規程は、平成16年4月1日から施行する。
  2. 東京外国語大学視聴覚教育センター利用規程(昭和58年11月1日制定)は、廃止する。

HOME | Copyright(C) 2004 Center for Support of Multimedia and Computer-aided Education, All rights reserved.