東京外国語大学出版会

編集日記

東京外国語大学出版会のブログ

編集部から、本と日常の汀から生まれる色とりどりの大波小波を、随時お届けします。
http://tufsp1.blogspot.com/

ブログ更新情報

◎2013.06.07 『大学のロシア語Ⅰ』『大学のアラビア語 詳解文法』刊行!
◎2013.04.19 『千鳥足の弁証法──マシャード文学から読み解くブラジル世界』刊行
◎2013.03.22 青山弘之著『混迷するシリア──歴史と政治構造から読み解く』刊行
◎2013.01.08 おすすめの海外文学『ここにも激しく躍動する生きた心臓がある』
◎2012.12.26 本学多磨駅側の掲示板に出版会情報を掲示!
◎2012.12.06 『中国近代史』刊行
◎2012.11.22 本学ガレリア展示スペースで「ジョン・ケージ展」を開催中!
◎2012.11.02 おすすめの海外文学『ビルバオ-ニューヨーク-ビルバオ』
◎2012.10.26 おすすめの海外文学『時は老いをいそぐ』
◎2012.07.10 プトラ大学出版会の関係者らご一行が本学出版会を訪れました
◎2012.07.04 沖縄県那覇市「市場の古本屋 ウララ」──書肆探訪⑤
◎2012.07.03 「第19回東京国際ブックフェア」で出版会の書籍が展示
◎2012.06.15 外語大の先生の新刊をご紹介します
◎2012.06.06 本学ガレリア展示スペースで「外大生にすすめる本」展示を開催中!
◎2012.05.29 国際シンポジウム「東アジア文化地図の共有に向けて」レポート
◎2012.05.17 本学で国際シンポジウム「東アジア文化地図の共有に向けて」を開催
◎2012.05.02 『東南アジアのイスラーム』刊行
◎2012.05.02 『ラテンアメリカにおける従属と発展』刊行
◎2012.04.24 読書冊子「pieria 新しい世界との邂逅」のブックフェアを開催中!
◎2012.01.30 『〈アラブ大変動〉を読む』刊行記念トークイベント抄録
◎2012.01.10 本年もよろしくお願いいたします
◎2011.12.02 タルコフスキー『白い、白い日』(前田和泉訳)刊行
◎2011.11.24 『〈アラブ大変動〉を読む』刊行記念トークイベント開催
◎2011.11.11 本学附属図書館特別展示と講演会のご案内
◎2011.11.07 『〈アラブ大変動〉を読む』刊行記念トークイベント開催
◎2011.09.22 北海道札幌市「書肆吉成」──書肆探訪④
◎2011.09.01 岩崎稔他編『カルチュラル・スタディーズで読み解くアジア』刊行
◎2011.08.30 今福龍太著『レヴィ=ストロース 夜と音楽』刊行
◎2011.08.29 『〈アラブ大変動〉を読む──民衆革命のゆくえ』刊行
◎2011.08.01 『アンナ先生の言語学入門』刊行
◎2011.06.16 「pieria(2号)」Webアップ&「外大生にすすめる本」番外編
◎2011.06.10 『パンダ』「ピエリア」が各種メディアで紹介されました
◎2011.06.07 タブッキ『他人まかせの自伝』(和田忠彦/花本知子訳)刊行
◎2011.05.09 カルヴィーノ『アメリカ講義』(米川良夫/和田忠彦訳)刊行
◎2011.04.26 ブックフェア「亀山郁夫 文学と社会、生きる力」開催
◎2011.04.11 読書冊子「pieria」できあがりました!── 編集室だより③
◎2011.04.11 『英作文なんかこわくない』刊行
◎2011.04.11 『パンダ』刊行
◎2011.03.24 読書冊子「pieria(ピエリア)」校了!──編集室だより②
◎2011.01.07 東京都豊島区「リブロ池袋本店」──書肆探訪③
◎2010.12.28 小会の仕事納め
◎2010.12.22 今井昭夫・岩崎稔編著『記憶の地層を掘る』刊行
◎2010.12.07 詩人の都──編集室だより①
◎2010.12.06 『未知へのフィールドワーク──ダーウィン以後の文化と科学』刊行
◎2010.12.02 東京都江東区「しまぶっく」──書肆探訪②
◎2010.11.22 シンポジウム「世界文学としての村上春樹」を開催
◎2010.11.19 詩人、随筆家、翻訳家アーサー・ビナードさんの講演会を開催
◎2010.11.17 M編集長の読書日誌②
◎2010.11.15 桂川潤さんの『本は物である──装丁という仕事』刊行
◎2010.10.28 長野県松本市「髙美書店」──書肆探訪①
◎2010.10.20 本学講師 友常勉さんの『脱構成的叛乱』刊行
◎2010.10.01 M編集長の読書日誌①
◎2010.10.01 出版会HPを更新しました
◎2010.10.01 東京外国語大学出版会のブログが船出します!

ページの先頭へ戻る

Copyright