平成24年度

雑誌論文

  1. 宇佐美まゆみ(2012)「母語話者には意識できない日本語コミュニケーション」『日本語教育のためのコミュニケーション研究』1,63-82
  2. 宇佐美まゆみ(2012)「視点としての日本語教育学―学際的複合領域研究群の構築に向けて―」『超域的日本語教育国際学術検討会-<視点としての日本語教育学の提唱>ならびに<学際的複合領域研究群の構築>-発表論文集』1,1-12
  3. 宇佐美まゆみ(2012)「ディスコース・ポライトネス理論と異文化間コミュニケーション」『2012 中国日本語教育研究会年会論文概要集』1,24-33
  4. 宇佐美まゆみ(2012)「『BTSJによる日本語話し言葉コーパス(トランスクリプト・音声)2011年版』の設計と特性について」『第3回 コーパス日本語学ワークショップ予稿集』1,217-228
  5. 宇佐美まゆみ(2012)「自然会話を素材とする教材」の開発の意義―新しい視点に立った日本語コミュニケーション教材―」『インドネシア中等および高等教育機関における日本語学習者の会話能力向上をめざして』1,276-277
  6. 宇佐美まゆみ(2012)「意識していない日本語コミュニケーションの教材化」『インドネシア中等および高等教育機関における日本語学習者の会話能力向上をめざして』1,277-285
  7. 西郡仁朗(2012)「アジアの都市との遠隔日本語教育―プレンディド・ラーニングを利用して―」『第二言語習得研究と言語教育』1,290-305
  8. 西郡仁朗(2012)「アジアの都市との遠隔日本語教育 -ブレンディド・ラーニングを利用して-」畑佐一味・畑佐由紀子・百濟正和・清水崇文(編)『第二言語習得研究と言語教育』くろしお出版,290-305
  9. 黄美花(2012)「接触場面の自然会話における『なんか』の機能のポライトネス効果―ディスコース・ポライトネス理論の観点から―」『コーパスに基づく言語学教育研究報告』8,247-262
  10. Shinagawa, Satoru, 2012 Adapting the iPhone for Language Teaching and Learning.
  11. Shinagawa, Satoru, Computer-Enhanced and Mobile-Assisted Language Learning: Emerging Issues and Trends. Editor: Felicia Zhang. IGI Global. Hershey, PA.
  12. Shinagawa, Satoru, 2012 Self-Studying Voice Recognition Tools of the te form in Japanese. 日本語テ形同 士の発音評価の検討, Proceedings of Fifth International Conference on Computer Assisted Systems for Teaching & Learning Japanese (CASTEL-J), CASTEL-J. Tokyo, Japan. Hiroshi Noyama, Editor.
  13. Shinagawa, Satoru, 2012 Online Japanese Courses: Problems and Solutions (日本語遠隔教育コースの問題と解決方法の探索), Proceedings of Fifth International Conference on Computer Assisted Systems for Teaching & Learning Japanese (CASTEL-J), CASTEL-J. Tokyo, Japan. Hiroshi Noyama, Editor.
  14. Shinagawa, Satoru, 2012 Four Solutions for Online Japanese Courses Problems (日本語オンライン教育の問題点と解消法), Proceedings of Fifth International Conference on Computer Assisted Systems for Teaching & Learning Japanese (CASTEL-J), CASTEL-J. Tokyo, Japan. Hiroshi Noyama, Editor.

学会発表・招待講演

  1. 宇佐美まゆみ(2012)「視点としての日本語教育学―学際的複合領域研究群の構築に向けて―」『中国文化大学設立100周年記念シンポジウム(招待講演)』2012年5月12日,中国文化大学、台湾
  2. 宇佐美まゆみ(2012)「自然会話を素材とするWEB教材の開発の趣旨と試作版の紹介」『言語社会心理学研究会』2012年6月28日,カタルーニャ公開大学
  3. 宇佐美まゆみ(2012)「会話分析のための文字化入力支援・基本的な分析項目の自動集計システムの開発とその活用方法講習会」『ロンドン大学特別研修会(招待講演)』2012年8月4日,国際交流基金ロンドン事務局、ロンドン、イギリス
  4. Mayumi Usami(2012)"Why Japanese women's language should be politer than men's: A hidden hegemony using the language"『Paris International Congress of Humanities and Social Sciences Research』2012年7月27日,Hotel Concorde La Fayette, Paris, France
  5. 宇佐美まゆみ(2012)「会話分析の方法論の再検討―定量的・定性的分析を含む総合的会話分析に向けて」『2012年日本語教育国際研究大会(ICJLE2012名古屋)』2012年8月19日,名古屋大学
  6. 宇佐美まゆみ(2012)「会話分析のための文字化入力支援・基本的な分析項目の自動集計システムの開発とその活用方法」『2012年日本語教育国際研究大会(ICJLE2012名古屋)』2012年8月19日,名古屋大学
  7. 宇佐美まゆみ(2012)「ワークショップ 会話分析入力支援・自動集計システムの開発と活用方法」『日本語教育とコンピュータ 国際会議』2012年8月21日,名古屋外国語大学
  8. 宇佐美まゆみ他(2012)「『自然会話を素材とする教材』の開発の意義-新しい視点に立った日本語コミュニケーション教材-」『インドネシア日本語教育学会』2012年9月21日,Ballroom Hotel Nirmala Denpasar,Bali
  9. 宇佐美まゆみ(2012)「意識していない日本語コミュニケーションの教材化」『インドネシア日本語教育学会』2012年9月21日, Ballroom Hotel Nirmala Denpasar,Bali
  10. 宇佐美まゆみ・中俣尚己(2013)「『BTSJによる日本語話し言葉コーパス(トランスクリプト・音声)2011年版』の設計と特性について」『第3回 コーパス日本語学ワークショップ』2013年2月28日,国立国語研究所
  11. 宇佐美まゆみ(2012)「視点としての日本語教育学―学際的複合領域研究群の構築に向けて―」『中国文化大学設立100周年記念シンポジウム(基調講演)』2012年5月12日,中国文化大学
  12. 宇佐美まゆみ(2012)「自然会話を素材とするWEB教材の開発の趣旨と試作版の紹介」『スペイン日本語教師会』2012年6月28日,カタルーニャ公開大学
  13. 宇佐美まゆみ(2012)「会話分析のための文字化入力支援・基本的な分析項目の自動集計システムの開発とその活用方法」『ロンドン大学(SOAS)主催講習会(招待講演)』2012年8月4日,国際交流基金ロンドン事務所
  14. 宇佐美まゆみ(2012.11.17)「母語話者の日本語会話」『国立国語研究所日本語教育研究・情報センターシンポジウム(招待講演)』2012年11月17日,星陵会館
  15. 宇佐美まゆみ(2012.12.1)「ジェンダーとポライトネス―日本語の女ことばとは?―」『活水女子大学言語文化研究会(招待講演)』2012年12月1日,活水女子大学
  16. 宇佐美まゆみ(2012.12.2)「会話分析のための"BTSJ活用方法"講習会」『九州OPI研究会(招待講演)』2012年12月2日,久留米大学サテライト
  17. 宇佐美まゆみ(2012)「自然会話を素材とするWEB教材の開発とそのデータベース化」『中国日本語教育研究会(招待講演)』2012年12月14日,西安外国語大学
  18. 宇佐美まゆみ(2012)「ディスコース・ポライトネス理論と異文化間コミュニケーション」『中国日本語教育研究会(招待講演)』2012年12月15日,西安外国語大学
  19. 宇佐美まゆみ(2012)「自然会話の文字化方法」『中国日本語教育研究会(招待講演)』2012年12月16日,西安外国語大学
  20. 鎌田修(2013)「レベルに合った会話能力の促進」『台湾交流協会主催日本語教育研修会講演(招待講演)』2013年3月16,17日,高尾、台南、台湾
  21. 由井紀久子他(2012)「新しい視点からの日本語教育教材―接触場面に基づく教材開発―」『2012年日本語教育国際研究大会(ICJLE2012)名古屋(招待講演)』2012年8月19日,名古屋大学
  22. Shinagawa, Satoru, April 13, 2012, Teaching Language Online: The Struggle of the Past Ten Years, Presentation at Arizona State U. Language Department (Invited Presentation), Phoenix, AZ.
  23. Shinagawa, Satoru, April 17 - 19, 2012, How to Make Online Language Courses more Interactive, 17th Annual Technology, Colleges and Community (TCC) Worldwide Online Conference "Emerging Technologies in Education: Trends and Issues."
  24. Shinagawa, Satoru, August 20-22, 2012, Self-Studying Voice Recognition Tools of the te form in Japanese.日本語テ形 動詞の発音 評価の検討, Conference on Computer Assisted Systems For Teaching & Learning Japanese (CASTEL/J) Nagoya, Japan.
  25. Shinagawa, Satoru, August 20-22, 2012, Online Japanese Course: Problems and Solutions (日本語遠隔教育コースの問題の解決方法の探索), International Conference on Computer Assisted Systems For Teaching & Learning Japanese (CASTEL/J) Nagoya, Japan.
  26. Shinagawa, Satoru, August 20-22, 2012, 日本語テ形動詞の発音評価の検討, On-line Pronunciation Training for Japanese Te - form VerbsInternational Conference on Computer Assisted Systems For Teaching & Learning Japanese (CASTEL/J) Nagoya, Japan.
  27. Shinagawa, Satoru, September 19, 2012, How to Use iBooks for Language Teaching and Learning, Innovators Spotlight - Online Conference.
  28. Shinagawa, Satoru, October 13, 2012, Connection with Google Tools, Hawaii Association of Language Teachers (HALT) Fall Symposium, UH Manoa.
  29. Shinagawa, Satoru, November 16-18, 2012, Effective Use of iPad in Foreign Language Education, 46th American Council on the Teaching of Foreign Languages (ACTFL) Annual Conference, Philadelphia, PA.
  30. Shinagawa, Satoru, April 4-6, 2013, Visual-Based interactive online language course, Annual Southwest Conference on Language Teaching (SWCOLT), Henderson, NV.
  31. Shinagawa, Satoru, Sept. 26, 2013, 日本語教育とコンピューター, 木曜午餐会,YMCA of Hawaii, Honolulu, HI
  32. Shinagawa, Satoru, November 2-3, 2013, Pronunciation Scoring for Japanese Te-form Verves Using Android Devices and Its Evaluation Proceedings, The 9th International Symposium on Oral Proficiency Interview. Proceedings, p.50-51 The Chinese University of Hong Kong, Hong Kong
  33. Shinagawa, Satoru, April 4-6, 2013, Visual-Based interactive online language course, Annual Southwest Conference on Language Teaching (SWCOLT), Henderson, NV.
  34. Shinagawa, Satoru, November 22-24, 2013, Creating Materials for Language Teaching and Learning with iBooks Author, 47th American Council on the Teaching of Foreign Languages (ACTFL) Annual Conference, Philadelphia, PA.

図書

  1. 鎌田修他(2012)『対話とプロフィシェンシー:コミュニケーション能力の広がりと高まりをめざして』凡人社、199項
  2. 鎌田修他(2012)『生きた素材で学ぶ「新・中級から上級への日本語」』ジャパンタイムズ、207項
  3. 西郡仁朗(2012)看護と介護の日本語教育ワーキンググループ 『最終報告書』,日本語教育学会,全49ページ(西郡仁朗が座長として取りまとめ)