BTSJ活用方法講習会受講申込み

「BTSJシステム」は、講習会をすべて受講された本人のみに配付します。

また、講習会は、一部の参加も可能ですが、その場合、本システムセットは配付できませんので、予めご了承ください。尚、会場の都合上、応募者多数の場合は、締め切り日前でも先着順で締め切る場合がありますので、予めご了承ください。

受講申し込みの手順

受講にあたっては、必ず、下記「利用許諾契約書」をよくお読みの上、講習会前日までに、「BTSJ文字化入力支援・自動集計・複数ファイル自動集計システムセット」利用許諾契約書に記名捺印(サイン可)の上、PDF化し、次項の基本情報と共にメールに添付して送信してください。コーパスも希望する方は、別に、『BTSJによる日本語話し言葉コーパス(トランスクリプト・音声)2015年版』利用許諾契約書に記名捺印し、同様に、PDF化してメールに添付して送信して下さい。受付の時までに提出できない場合は、講習会を受講できないこともありますので、ご注意ください。

メールフォーム(受講者の方の基本情報)

メール送信の際、「下記の基本情報」と「上記の許諾書に署名捺印(サイン可)したPDF文書を添付」の上、送信して下さい。

  • 氏名:
  • 機関名(大学等)、所属:
  • 連絡先住所:
  • 電話/FAX:
  • E-mail(携帯不可):
  • 参加理由(具体的に記入):
  • 例)共同発話文に関する研究にツールを利用したいため。会話の文字化についての理論を知りたいため等々。

利用許諾契約書

宇佐美まゆみ(2012年改訂版タイムスタンプ無し)「BTSJ文字化入力支援・自動集計・複数ファイル自動集計システムセット(2012年改訂版)」利用許諾契約書
Download
宇佐美まゆみ(2015年版)『BTSJ文字化入力支援・自動集計・複数ファイル自動集計システムセット(2015年版):タイムスタンプ、NCRBへの出入力機能付き)』利用許諾契約書
宇佐美まゆみ監修(2015年版)「BTSJによる日本語話し言葉コーパス(トランスクリプト・音声)」利用許諾契約書
Download

メール送信先

btsjworkshop@gmail.com

講習会当日に持参いただきたいもの

  1. 「改訂版:基本的な文字化の原則(BTSJ: Basic Transcription System for Japanese)2011年版」(各自プリントアウトをお願いします。)
    http://www.tufs.ac.jp/ts/personal/usamiken/btsj2011.pdf
  2. ご自身のノートパソコン
    「BTSJ文字化入力支援・自動集計・複数ファイル自動集計システムセット(2012年改訂版)」が「そのまま問題なく」動くことが保証できる環境は、今のところ日本語OS・Windows (32ビット)です。
    また、英語OS・Windowsでも、Excelが日本語表示で立ち上がれば、問題なく使えるとの報告を受けています。また、Macの場合、日本語版のエクセルが搭載されている場合、問題ないようです。
    BTSJに基づいた文字化やコーディングの方法を通常のエクセルでも解説し、実際に体験していただきます。参加者の皆様には、ご自身のパソコンを持参していただくことを推奨しています。
  3. 文字化体験用音声データ
    ダウンロードしてパソコンかUSB等に入れて各自ご持参ください。
    >>文字化体験用音声データ
  4. USBメモリー
    文字化体験用音声データ文字化体験用音声データシステムセットのみを希望する方は600KB程度、コーパスも希望する方は1.2GB程度の空きがあるものが必要です。
  5. イヤホン、または、ヘッドフォン
    文字化体験用音声を聞くために必要です。

お問い合わせ

言語社会心理学研究会 事務局

btsjworkshop@gmail.com

関連リンク