2010年04月08日

ブログ移転のお知らせ

当通訳日誌は移動することになりました。

新ページはこちらになります。

ご覧頂いているこちらのページでは更新を行ないませんので、
上記のリンク先にアクセスしコンテンツをお楽しみください。

2009年12月02日

ABCナイトライン

今日のナイトライン、大体予想通りの項目が並びました。
タイガー・ウッズ選手の謎の多い交通事故。4人の警官をコーヒーショップで銃を乱射して、冷酷にも殺害したというワシントン州の事件。しかも犯人は逃亡中。
三つ目の項目はちょっと予想外。アメリカのオニオンという新聞で見出しをまず決めてから記事を書く、という変わった新聞。

タイガー・ウッズ選手がホームページに出した声明は実に注意深く言葉を慎重に選んだものでした。これはプロがつくったものに違いないと番組の中でのコメントにありましたが、確かにプロが書いたに違いないと思わせるようなよく練られた文章が並んでいました。一部をご紹介します。

Although I understand there is the curiosity, the many false, unfounded and malicious rumors that are currently circulating about my family and me are irresponsible. The only person responsible for the accident is me.

このAlthough で始まる文章、長い一文ですし、主語がやたらと長い。althoughではじまる部分は前置きであって、その後に来る、多くの、、、、家族と私にまつわるうわさ、が主語。

わかりやすく訳すとするとこうなるでしょうか。

私や家族について根も葉もない意地の悪いうわさがありますが、まったく無責任なことです。事故についてはいっさいの責任は私にあります。

私も夜中の2時過ぎに車でどこに行こうとしたの?とこの事件、個人的にも興味がありました。

さて、三つ目のリポートを主に担当したのですが、実に面白い話でした。紹介します。

ABCのリポートは、アメリカは植民地時代からヘッドライン(見出し)によって歴史を刻んできた、としてThe Onion という新聞が出している見出しは例えば次のようなものがあるとします。

Black Man Given Nation's Worst Job

黒人は国で最悪の仕事をさせられる

これはオバマ大統領の当選を受けて出たヘッドラインですが、この新聞

America's finest news source アメリカ一番のニュース情報源と自称していますが、さらにABCレポートはこう指摘。

happens to be the only national news source with the luxury of writing the headline before the story

記事を書く前にまず、見出しを決めてからというのは確かにこの新聞くらいなものでしょう。

joke を journalism にしようというコンセプトで出来ている新聞なので、例えばこんな例が飛び出します。

INS Deports Lou Dobbs

移民帰化局、ルー・ダブスを強制送還

CNNのキャスターをしている移民大嫌いのキャスターであるルー・ダブスをとりあげています。アメリカ人ならCNNでおなじみでしょうけど、これを日本の視聴者に知らせようとするのは至難のわざ。

さらに、ジョークとはいえ、

Lou Dobbs, born Luis Dominguez

ルー・ダブスは(実は、、、)移民だったというおちがついているのは、大いに笑えます。

こういうジョークを新聞にしているものが大いに受けている、というのもアメリカなのでしょう。

2009年11月30日

ショックだったこと

毎日生活している中で、つまらないことのようだけど一つ調子が狂うと全体に大きな影響が出てしまう、ということがあります。

今日ショックだったこと、いくつかあげましょう。

その1。
久々に授業で「リーダーの英語」の中からブレア首相の就任演説をとりあげたところ、三度目の就任演説、これが2005年のことだったのにもうとっても前のことに感じられる点。イギリスの首相は変わりましたし、ブレア氏はEU大統領になるかと言われたのに、結局はベルギーの首相に決定。

首相の三期目を担当することになって、張り切った声のこのスピーチ、その頃とはイギリスの事情も実は大きく変わりました。保守党のキャメロン党首の人気が急上昇。次は政権交代となりそう。

その2。
久々にブレア氏の直前にはいっていたブッシュ氏の演説を聞いたら、もうこれもずいぶん昔のように思えたこと。考えてみたらそれほど前ではないのに。それにあんなに何度も就任演説やら、毎年の一般教書演説やらを通訳したのに。本当に遠い昔のように感じました。そういえば、アメリカ大統領の就任演説は何度も放送通訳で担当しましたが、イギリスの首相の就任演説は放送で担当したことがあ
りません、、、

その3。
そして、実はこれがいちばん今日ショックだったことなのですが、、、
寒い風が吹く中、駅に急いでいたところ、、、突然、愛用しているバーバリーのカバンのもち手がプツンと切れてしまった、、、

ショック。3年前にハワイのバケーションのときに仲良しの先生とお揃いで買ったもので、大事に重宝して使っていたのに。
毎日当たり前のように使って慣れ親しんでいるということが、使えなくなるととたんに不自由になることを実感しました。

2009年11月20日

CBSイブニングニュース

朝、家を出る前に今日はこのニュースがくるか、と一番気になっていたのがEUの大統領...
« 続きを読む "CBSイブニングニュース" »

2009年11月18日

オバマスピーチ

先日のオバマスピーチについて、いくつかの授業でもホワイトハウスのウェブサイトでみ...
« 続きを読む "オバマスピーチ" »

2009年11月17日

ABCワールドニュース

今日は3番。面白かったニュースはレゴが起死回生の策として、辣腕の経営コンサルタン...
« 続きを読む "ABCワールドニュース" »

2009年11月14日

オバマ大統領演説

行ってきました。 雨が降っている中、朝8時までにサントリーホールは結構きついもの...
« 続きを読む "オバマ大統領演説" »

2009年11月13日

日米首脳会談共同記者会見

オバマ大統領初来日とあって、今週はこの件に関連した仕事があるのを楽しみに過ごして...
« 続きを読む "日米首脳会談共同記者会見" »