2009年11月02日

St. Gallen Symposium

学生版の「世界経済フォーラム(ダボス会議)」として知られ、すでに40年近くにわたり開催されている、スイスの「St. Gallen Symposium」では現在参加希望者を募っています。

このシンポジウムは、毎年全世界から選ばれた学生が、スイスで5月に開催される本大会に先方の招待で参加します。本コースの学生も昨年度参加する機会に恵まれました。

40周年を迎える来年度のテーマは「Entrepreneurs – Agents of Change」です。
特に来年度は30歳以下の大学院生(修士、博士課程在籍)を対象としています。

ご関心がある方は以下のサイトから応募要項などを確認し、直接お申し込みください。

サイト:www.stgallen-symposium.org

2009年07月13日

TUFS通訳シンポジウム:「世界の大学・大学院における通訳者養成」

日程: 2009年10月11日(日) 10:00-17:30

場所: 〒183-8534
     東京都府中市朝日町3-11-1
     東京外国語大学 研究講義棟1階101教室(マルチメディアホール)
     http://www.tufs.ac.jp/info/map-and-contact.html

プログラム(予定):
10:00-10:05 はじめに
10:05-10:20 ご挨拶
10:20-11:40 基調講演 (Daniel Gile パリ第三大学・ESIT )
11:40-12:00 特別講演 (鶴田知佳子 東京外国語大学)
休憩
13:00-13:40 講演① (Nikolay Garbovskiy モスクワ大学)
              (Olga Zharkova モスクワ大学)
13:40-14:20 講演② (Clare Donovan パリ第三大学・ESIT )
           (Hiromi Ito-Bergerot パリ第三大学・ESIT )
休憩
14:40-15:20 講演③ (Andrew Dawrant 上海外国語大学)
15:20-16:00 講演④ (Jungwha Choi 韓国外国語大学校)
              (Hyang-Ok Lim 韓国外国語大学校)
休憩
16:20-17:30 パネルディスカッション:『通訳教育における教材と実務教育』 
18:00-20:00 懇親会   

内容:
徹底した会議通訳の理論と実践の研究・分析の上に、プロの会議通訳者という高度専門職業人の養成を見据える 大学院のあり方は、今、新しいプロの会議通訳者の養成方法として、各方面から非常に注目されています。

シンポジウム当日は、東京外国語大学と協力関係にある、アジア/欧州の通訳教育を行っている大学・大学院の先生方によるご講演を通し、大学院からプロの会議通訳者になるための方法を探ります。

シンポジウム参加費:
無料(懇親会は有料)

申し込み方法:
下記の登録項目をメール本文にご記入の上、メールの件名に「通訳シンポジウム聴講希望」と明記し、

tufs@kytrade.co.jp までお送り下さい。

(※定員になり次第募集は終了とさせて頂きますので、お早めにお申し込み下さい )

【学生の方】 *印が付いた項目は回答必須項目です
①氏名*
②所属(学校名)*
③学年*
④年齢*
⑤メールアドレス*

【社会人の方】 *印が付いた項目は回答必須項目です
①氏名*
②所属(会社名)*
③卒業校
④年齢
⑤メールアドレス*

登録完了時には、事務局より登録完了メール(登録番号が書いてあります。)をお送りします。
※聴講希望のメールをお送りいただいて1週間経っても登録完了メールが届かない場合はメール送信エラーの可能性がございますので、恐れ入りますが、再度メールをお送りいただけますようお願いします。

当日はこのメールに書いてある登録番号を、シンポジウム会場前受付にお伝え下さい。

その他:
TUFS通訳シンポジウムのブログ
http://tsuuyakusummit.blog79.fc2.com/

2009年04月08日

東京外国語大学通訳研究会主催 第4回学生通訳コンテスト 参加者・観覧者募集

今年の東京外国語大学通訳研究会主催「第4回学生通訳コンテスト」の概要が決
まりましたので、ぜひ多くの参加者、観覧者に来ていただきたいと思い、お知ら
せいたします。

コンテストに参加したい方は、以下の内容に沿って応募してください。
観覧者の方も事前申し込みをしてください。

日時)
2009年6月27日(土)13:30~16:00

場所)
東京外国語大学 研究講義棟1階 101教室
〒183-8534 東京都府中市朝日町3-11-1 (西武多摩川線多磨駅から徒歩約5分)
http://www.tufs.ac.jp/common/is/university/access_map.html

参加要領)
参加費:無料(交通費自己負担)
申込締切:コンテスト出場希望者 5月27日(水)

コンテスト内容)
外国人と日本人の対談を逐次通訳(英日・日英)

申込方法)
以下の必要事項を明記して、メールでお申し込みください。

必要事項
① 一般参加(観覧者)・コンテスト参加(出場者) いずれか明記
② 懇親会の参加の有無
コンテストの後に、ジャッジの先生方や出場者の皆様の間で懇親会を開く予定です。
懇親会の参加費は500円前後と推定しております。
③ お名前(漢字・ふりがな)
④ 所属(大学・サークルなど)
⑤ ご住所
⑥ 電話番号
⑦ メールアドレス(携帯不可)

申込・連絡先)
tufsait07@gmail.com (通訳コンテスト実行委員会)

質問も上記のアドレスで受け付けております。
参加申し込みのメールをいただいた方には、3日以内に確認のメールを送信させ
ていただきます。

その他)
通訳研究会のブログ
http://tufsait.blog10.fc2.com/

2008年12月24日

水野的先生講演会:「通訳翻訳研究の過去・現在・未来」

東京外国語大学国際コミュニケーション・通訳専修コースでは日本通訳翻訳学会副会長の水野的先生をお招きし、「通訳翻訳研究の過去・現在・未来」というタイトルで講演会を開催します。

日時:
2009年2月15日(日)13:30~15:30 同時通訳(日・英)付

場所:
東京外国語大学 研究講義棟1階 101教室
〒183-8534 東京都府中市朝日町3-11-1 (西武多摩川線多磨駅から徒歩約5分)

タイトル:
「通訳翻訳研究の過去・現在・未来」

ゲストスピーカー:
水野的先生(日本通訳翻訳学会副会長)

*本講演会では、本コースを修了する学生による英語への同時通訳が付きます。
*参加費無料、事前登録必要なし

皆様のご参加をお待ちしております。

2008年12月05日

東京外国語大学国際コミュニケーション・通訳コース後援:第一回英語同時通訳コンテスト

第一回英語同時通訳コンテスト、観覧者大募集中です!

同時通訳の生の現場を見に来て下さい!

参加無料、事前登録制(itsa@kytrade.co.jpに今すぐメール!)

・お名前(フリガナ) ・大学名(学部名学科名) ・学年(年齢)をお書き下さい。

詳細は下記mixiのコミュニティー、またはブログで!

*「大学からプロの通訳者翻訳者に!」http://mixi.jp/view_community.pl?id=2863167 ※「大学からプロの」で一発検索!
*「プロの会議通訳者・翻訳者になりたい人の為のブログ]http://kyteggs.blog99.fc2.com/ ※「プロの会議通訳者」で一発検索!

当日は、有限責任中間法人Mozilla Japanの瀧田代表理事による「ブラウザーの歴史とOSS(仮称)」(
日本語)、現役の会議通訳者による「IT業界の歴史(仮称)」(英語)の2本の講演を同時通訳します。

これらの講演は、大学生/高校生を対象にしたのもので、皆さんの就職活動や勉強にも最適です!
さらに、学生出身のアカペラグループ“しろくま”のコンサートも!是非!

日程・会場: 本選2008年12月23日(祝) 国立オリンピック記念青少年総合センター国際会議場
コンテスト構成: 11月22日に行われた予選を勝ち抜いた5チーム/10名が、本選で優勝を争います。
観覧申込方法: コンテストの観覧をご希望の方は、・氏名(ふりがな)、・年齢学年)、・学校名(卒業生は会社名と卒業校)、をお書きの上、下記メールアドレスにお申込み下さい。追って登録証をお送り致します。
主催: 第一回英語同時通訳コンテスト実行委員会
後援: 東京外国語大学鶴田研究室国際コミュニケーション・通訳コース
協賛: ケイワイトレード株式会社株式会社プロジェクトラム
特別協力: 有限責任中間法人Mozilla Japan
お問い合わせ: 第一回英語同時通訳コンテスト事務局itsa@kytrade.co.jp 担当: 日名川、木林

2008年11月10日

赤羽恒雄先生講演会シリーズ第4回「"China" in the Contemporary Nationalists' Reconstruction of "Japan"」

東京外国語大学国際コミュニケーション・通訳コースでは、「国境を越える人々―北東アジアにおける人口移動」などの監修で知られるモントレー国際大学国際政策学大学院教授・東アジア研究センター所長の赤羽恒雄先生をお招きし、本年度第4回目となる講演会を開催します。

日時:
2008年12月1日(月) 16:30~18:00

場所:
東京外国語大学 (府中市朝日町3-11-1)
研究講義棟 226 (事前登録不要・入場無料)

スピーカー:
赤羽恒雄先生(モントレー国際大学国際政策学大学院教授・東アジア研究センター所長)

タイトル: "China" in the Contemporary Nationalists' Reconstruction of "Japan"

- Defining "Nationalism" in Contemporary Japan
- The Defeat in the Second World War and Its Impact on Japanese Nationalism
- The Yasukuni Shrine Issue
- "Comfort Women" and "The Rape of Nanking"
- The History Textbook Controversy
- Constitutional Amendment

なお本講演は英語で行われます。本コースのM2の学生が逐次通訳を行います。

当日は質疑応答の時間も用意しています。ふるってご参加ください。

2008年10月27日

五味祐子弁護士講演会「企業のコンプライアンスとCSRの実務 ~法的責任と社会的責任の交錯~」

東京外国語大学国際コミュニケーション・通訳コースでは、国広総合法律事務所弁護士、五味祐子先生をお招きし、「企業のコンプライアンスとCSRの実務 ~法的責任と社会的責任の交錯~」というテーマで講演会を開催します。

なお本講演会では、本コースのM2の学生が英語への逐次通訳を行います。

タイトル
「企業のコンプライアンスとCSRの実務 ~法的責任と社会的責任の交錯~」

講演日時・場所
 2008年11月10日(月)16:30~18:00
 東京外国語大学 研究講義棟 226 (事前登録不要、入場無料)
 府中市朝日町3-11-1

講演者
国広総合法律事務所 弁護士 五味祐子先生

講演内容
 コンプライアンス、リスク管理、企業の社会的責任(CSR)、内部統制、コーポレートガバナンスの関係を理論的に整理したうえで、実際の企業不祥事の事案とコンプライアンス関連の裁判例を取締役の善管注意義務の視点と企業の社会的責任の観点から検証し、その結果を企業のコンプライアンス、CSRの実務に活用するためのポイントを提示します。

プロフィール
上智大学法学部国際関係法学科卒業。専門は会社関係訴訟、消費者関係法、コンプライアンス、リスク管理など。主な著書に「なぜ、企業不祥事はなくならないか」「コンプライアンスのための内部通報制度」「内部統制とは、こういうことだったのか」(共著、日本経済新聞出版社)。

2008年10月01日

赤羽恒雄先生講演会シリーズ第3回「The HIV/AIDS Epidemic and Regional Cooperation in East Asia」

東京外国語大学国際コミュニケーション・通訳コースでは、「国境を越える人々―北東アジアにおける人口移動」などの監修で知られるモントレー国際大学国際政策学大学院教授・東アジア研究センター所長の赤羽恒雄先生をお招きし、本年度第3回目となる講演会を開催します。

日時:
2008年10月27日(月) 16:30~18:00

場所:
東京外国語大学 (府中市朝日町3-11-1)
研究講義棟 226 (事前登録不要・入場無料)

スピーカー:
赤羽恒雄先生(モントレー国際大学国際政策学大学院教授・東アジア研究センター所長)

タイトル:
The HIV/AIDS Epidemic and Regional Cooperation in East Asia

HIV/AIDS in the World and East Asia
-HIV/AIDS as a Global Phenomenon
-HIV/AIDS in East Asia

Regional Cooperation on HIV/AIDS in East Asia
-Cooperation in ASEAN
-Cooperation in APEC
-Characteristics of Regional Cooperation

なお本講演は英語で行われます。本コースのM2の学生が逐次通訳を行います。

当日は質疑応答の時間も用意しています。ふるってご参加ください。

日本通訳翻訳学会第24回例会

日本通訳翻訳学会第24回例会のお知らせです。

[日時]10月12日(日)午後1:00―5:30
[場所]青山学院大学総研ビル11階第19会議室
第1部1:00―3:00
[演題] 裁判員制度と通訳人について
[発表者]:大野重國 最高検察庁裁判員公判部検事
[概要] 来年5月から裁判員制度が始まることを受け、多言語が必要となる法廷通訳人の役割と課題について語る。

第2部 3:30―5:30
[演題]「よしもとばななの翻訳」
[発表者]アレッサンドロ・ジェレヴィーニ 早稲田大学客員准教授
[概要] よしもとばななの作品は、イタリアで大変人気を博しているが、それにはイタリア語訳の力も大きい。翻訳としてどういう点が日本語からイタリア語の文学翻訳で難しいか、特に配慮を要したかをはじめ、文学翻訳に必要な心得について語る。
[参加費]会員 無料 非会員:1,000円

会場の行き方:JR山手線、東急線、京王井の頭線「渋谷駅」宮益坂方面の出口より徒歩約10分、地下鉄「表参道駅」B1出口より徒歩約5分

総研ビルは正門を入ってすぐ右側の建物。

http://www.aoyama.ac.jp/other/map/aoyama.html

[参加お申し込み・問い合わせ先]日本通訳学会事務局(水野的)
e-mail:secretariat@jais-org.net FAX:03-3811-9836

2008年08月04日

元ニューヨーク・ヤンキース通訳者ジョージ・ローズ氏講演会: The New York Yankees and Japan: A Rich Hisotry

東京外国語大学国際コミュニケーション・通訳コースでは、伊良部秀輝選手、松井秀喜選手、新庄剛志選手の通訳者として活躍したジョージ・ローズ氏(ヤンキース環太平洋地区ジェネラルマネージャー)をお招きし、講演会を開催します。

当日は本コースのM2の学生が逐次通訳を行います。

日時:
2008年10月10日(金):16:30~18:00 (事前登録不要、入場無料)

場所:
東京外国語大学 府中キャンパス 研究講義棟2階 226教室
〒183-8534 東京都府中市朝日町3-11-1 (西武多摩川線多磨駅から徒歩約5分)

スピーカー:
ジョージ・ローズ氏(ヤンキース環太平洋地区ジェネラルマネージャー)

タイトル:
The New York Yankees and Japan: A Rich History

本講演は英語で行われます。当日は質疑応答の時間も用意しております。
ご友人をお誘いのうえ、奮ってご参加ください。