オンラインで入手の最近のブログ記事

Rudyard Kiplingについて

Rudyard Kiplingの全集を読みたいという相談があったので、 ひとまずOPACの著者名にKiplingと入れてみますが、 いわゆる「全集= complete works」はヒットがありませんでした。   年代が古めなので、一応カード目録も見てみますが、 やっぱり見当たらず。外大にはなさそうです。   ということで、国内の大学図書館を一括で検索してくれる Webcatで...
続きを読む

オンラインで読もう(電子ブック)

google booksを筆頭に、著作権の切れた図書がネット上で公開されつつあり、 日本でも、国立国会図書館が出版物の電子化を行っています。 無料の電子ブックをどんどん活用して、レポート作成や研究活動に活かしていきましょう。   1)Google Books http://books.google.com/ 著作権が失効しているか、出版社が Google に許可を与えている場合は、 プレ...
続きを読む

国連文書を調べる

膨大な国連資料のなかから必要なものを見つけるのはなかなか大変です。 国連の文書には、発行機関や種類によって「文書番号」と呼ばれる独自の番号が付与されています。 下記サイトで「文書番号」を事前に調べ、スムーズに検索、利用しましょう。    1) ODS(国連文書システム) http://documents.un.org/ 国連文書の検索システム。 タイトルや文書番号から検索可能。...
続きを読む

英語の論文を書くときに

★「exemplar(エグゼンプラー)」 http://www.springerexemplar.com   シュプリンガー(springer)というデータベース会社が、 無料の英語論文執筆支援ツール「exemplar(エグゼンプラー)」を提供しています。 ある単語が学術文献の中でどのように使用されているのか、 シュプリンガーの2,000のジャーナル、50,000点ものブックタイトルから...
続きを読む
★Europeana: think culture : http://www.europeana.eu/portal/   2008年に公開された、ヨーロッパの電子図書館です。 欧州連合に加盟している国の合計1,000を超える国立図書館・文化機関等が 提供している、合計200万点以上の各種デジタルコンテンツ (書籍・地図・録音資料・写真・文書・絵画・映画など)にアクセス可能。 googl...
続きを読む

オンラインで読める学会誌:宗教法

★宗教法学会のライブラリー http://religiouslaw.org/library 宗教法学会の機関誌『宗教法』に収録された論文等の書誌情報を検索できます。 さらに検索結果のデータから、全文をデジタル化したPDFファイルを表示することができます。 【収録データ】第21号から第28号までの掲載分のうち著作権者に掲載の許諾を得たもの(2010年12月現在)。   このデータベースもg...
続きを読む

みんなの経済新聞

★みんなの経済新聞 : http://minkei.net/   ローカルニュースを発信している、全国の地域新聞の記事をネット上で読めます。 某大学では探偵が活躍していたり、面白い商品情報が発信されていたり、 普通の新聞では読めない記事が盛りだくさんです。 学生ならではの視点で、地域に関わっていくきっかけになるかもしれません。   →【オンラインで読もう(新聞)】   /blo...
続きを読む
★ Art-DOK: http://archiv.ub.uni-heidelberg.de/artdok/   ドイツのVirtual Library of Art Historyが公開しているリポジトリサイトです。 美術関連の論文・記事の検索と、一部、無料で全文を読むことができます。 サイトの表示言語は英語に切り替えられます。   ★ Walters Art Museum(o...
続きを読む
CiNii等を作成している国立情報学研究所(NII)が、複数の大学のリポジトリを横断検索できるサイトを提供しています。 ★ 学術機関リポジトリ構築連携支援事業: http://www.nii.ac.jp/irp/list/   リポジトリは大学の成果(大学紀要や教授の論文、博士論文など)を一般に公開することを 目的としたサイトなので、ネット上でどこからでも、無料で検索・閲覧できます。 &...
続きを読む

イラン研究に役立つサイト

1) ペルシア語初級者にも便利! ★ 日本における中東研究文献DB: http://www.tbias.jp/document_research.cgi   ★ 東洋文庫データベース(ペルシア語図書検索): http://61.197.194.11/open/PersianQueryInput.html   ★ イスラム辞典データベース: http://www.ioc.u-to...
続きを読む
<一般> ★ CAIRN: http://www.cairn.info/ フランス国立図書館により立ち上げられた編集社間の書籍の電子化サービス。 法律から文学、歴史までさまざまな分野の論文雑誌など学術誌が閲覧可能。 多くがPDFダウンロードが可能だが、新刊は一部有料。   <経済> ★ L'INSEE(Institut National desStatistiaue et des etu...
続きを読む

フランス語の資料を探しています(その2)

<図書・雑誌> ★ Sudoc(Systeme universitaire de documentation): http://www.sudoc.abes.fr/DB=2.1/LNG=EN/ フランスの大学・研究図書館にどんな資料があるか、まとめて検索できるサイトです。   <学位論文>  ★ theses-EN-ligne(TEL): http://tel.archive...
続きを読む
 言語学で迷ったら(例えば、ジルバル語ってなんだよ!シニフィアンってなんだよ!)、言語学大辞典第1巻~第6巻(請求記号: A/810/17/1 ~ A/810/17/6等、二階閲覧室にあります。※実は書庫2層にあるものは貸し出しも可能)を見てみましょう。 それでも得たい情報がない場合、(学内ネットワークにつながった状態で)電子ブックで"Encyclopedia of Langu...
続きを読む
アジア経済研究所(アジ研)および同図書館は出版物をインターネット上で公開しています。途上国を研究対象とする学生には有用ではないでしょうか。受け売りになりますが、以下に紹介してみます。 アジア経済研究所 学術リポジトリ ARRIDE (Academic research Repository at the Institute of Developing Economics)URL: ht...
続きを読む