オンラインで読もう(電子ブック)

google booksを筆頭に、著作権の切れた図書がネット上で公開されつつあり、

日本でも、国立国会図書館が出版物の電子化を行っています。

無料の電子ブックをどんどん活用して、レポート作成や研究活動に活かしていきましょう。

 

1)Google Books

http://books.google.com/

著作権が失効しているか、出版社が Google に許可を与えている場合は、

プレビューを見られます。また、書籍によっては全文を読むことができます。

 

2)ワールドデジタルライブラリー

http://www.wdl.org/en/

米国議会図書館とユネスコが推進している電子図書館プロジェクトです。

各国の特色ある資料の画像と英文解説が閲覧できます。

 

3)近代デジタルライブラリー

http://kindai.ndl.go.jp/

日本の国立国会図書館が、明治以降に刊行された図書・雑誌のうち、

インターネットで閲覧可能なデジタル化資料を公開しています。

 

4)青空文庫

http://www.aozora.gr.jp/

著作権の切れた作品と、「自由に読んでもらってかまわない」とされたものを

無料公開しています。