• アクセス
  • English
  • 東京外国語大学

スタッフ紹介

苅谷 康太KARIYA Kota

苅谷  康太
氏名 苅谷 康太
(KARIYA Kota)
所属 職名 アジア・アフリカ言語文化研究所、現代アフリカ地域研究センター / 准教授
E-mail kotakariyaaa.tufs.ac.jp
プロフィールページ http://www.tufs.ac.jp/research/people/kariya_kota.html
専門分野(科研費分類) 地域研究
自己紹介 西アフリカ(サハラ以南アフリカ北西部およびサハラ沙漠西部)のイスラーム知識人達は,19世紀後半に始まる植民地期の遥か以前から今日に至るまで,アラビア語やアラビア文字を使った現地語によって大量の著作を著してきました。私は,これらの著作群を1次資料として,彼らが互いにどのような接触を持ち,またどのような著作を知的源泉として自らの宗教的・知的体系を築き上げてきたのか,という点を明らかにし,そこから,彼らの間に張り巡らされた宗教的・知的連関網を描写しようとしてきました。こうした連関網は,西アフリカ内部で閉じられているわけではなく,北アフリカや西アジアをも包含する広大な空間に広がっています。従って,西アフリカに視座を置いた私の研究も,考察対象とする地理的範囲としては,北アフリカや西アジアを射程に入れています。

最近取り組んでいることは?:広域に張り巡らされたムスリムの知的な繫がりを視野に入れつつ、最近は特にソコト・カリフ国の歴史に関心を寄せています。ソコト・カリフ国は、19世紀初頭にハウサランド(今日のナイジェリア北部及びニジェール南部に相当する地域)で展開したジハードによって成立した国ですが、それを指導したイスラーム知識人達の思想や、ソコト・カリフ国の政治・社会に関する研究を、アラビア語やハウサ語の資料の分析に基づいて進めています。
主要研究業績

【論文】

  • The "Ignorant People" in Hausaland: 'Uthmān bn Fūdī's Ḥukm juhhāl balad Ḥawsa, アジア・アフリカ言語文化研究, 92号, 207--220, 2016年
  • 19世紀初頭の西アフリカにおける不信仰者の分類と奴隷化:ウスマーン・ブン・フーディーの著作の分析から, アフリカ研究, 89号, 1--13, 2016年
  • セネガルにおけるアラビア語資料調査, 人はみなフィールドワーカーである:人文学のフィールドワークのすすめ, 204--219, 2014年
  • 14世紀のスーダーン西部の金産地を巡る情報操作:マンサー・ムーサーの語りの分析を中心に, 『アジア・アフリカ言語文化研究』, 86号, 55--80, 2013年
  • セネガルのスーフィー教団図書館に関する覚書―トゥーバ、ジュールベル、カオラク, アフリカ研究, 82号, 25--29, 2013年
  • 西アフリカに関する史的研究とアラビア語資料, 歴史と地理 世界史の研究, 235号, 50--53, 2013年
  • 集団礼拝を聴く, GLOBE Voice, 7号, 23--23, 2013年
  • 19世紀後半における西アフリカのイスラームと王権:アフマド・バンバの政治権力観とその思想的連関網, アジア・アフリカ言語文化研究, 83号, 59--88, 2012年
  • 2つの声を聞く旅:西アフリカにおけるアラビア語資料調査, Field+, 8号, 20--21, 2012年
  • The Murid Order and Its 'Doctrine of Work', Journal of Religion in Africa, 42巻1号, 54--75, 2012年

【著書】

  • al-A'māl al-kāmila, Dār al-Takwīn, 単行本(一般書), 共訳, 2015年
  • Ḥikāyāt Yābānīya Qadīma, Dār al-Takwīn, その他, 共訳, 2013年
  • 世界宗教百科事典, 丸善, 事典・辞書, 共著, 2012年
  • 世界地名大事典 3 中東・アフリカ, 朝倉書店, 事典・辞書, 共著, 2012年
  • イスラームの宗教的・知的連関網:アラビア語著作から読み解く西アフリカ, 東京大学出版会, 単行本(学術書), 単著, 2012年
  • Kitāb al-Hāykū: Alf Hāykū wa Hāykū, Dār al-Takwīn, その他, 共訳, 2010年

【研究発表】

  • 17世紀の西アフリカ・ムスリム社会における奴隷売買の基準:アフマド・バーバー『階梯』の分析, 日本アフリカ学会第54回学術大会, 国内会議, 日本アフリカ学会, 口頭(一般), 信州大学教育学部, 2017年
  • 初期ソコト・カリフ国における背教既定の確立, 日本アフリカ学会第53回学術大会, 国内会議, 日本アフリカ学会, 口頭(一般), 日本大学生物資源科学部, 2016年
  • 19世紀初頭のハウサランドにおける不信仰者の分類, AA研フォーラム, 国内会議, 東京外国語大学アジア・アフリカ言語文化研究所, 口頭(一般), 東京外国語大学アジア・アフリカ言語文化研究所, 2015年
  • 「背教者」の奴隷化を巡るウスマン・ダン・フォディオの思想, 日本アフリカ学会第52回学術大会, 国内会議, 日本アフリカ学会, 口頭(一般), 犬山国際観光センター・フロイデ, 2015年

過去10年間に取得した科学研究費補助金・その他の競争的研究経費:

  • 科学研究費 若手研究B 18-19世紀の西アフリカ・ハウサランドにおけるムスリムと非ムスリムの境界(2015年度-2018年度)
  • 科学研究費 研究活動スタート支援 アラビア語資料と欧語資料の分析に基づく西アフリカの諸信仰体系に関する研究(2012年度-2013年度)