アドミッションポリシー|入試情報

HOME > 入試情報 > 大学院入試情報 > アドミッションポリシー

このページを印刷する

アドミッションポリシー

大学院博士前期課程

東京外国語大学大学院総合国際学研究科は、世界諸地域の言語・文化・社会をめぐる個別的かつ総合的な研究を主体とするわが国でも有数の教育機関であり、これらの分野における国際的拠点となるべき使命を担っています。本研究科の教育目標は、
Ⅰ)世界諸地域の言語・文化・社会に関する専門知識、全地球的な視野、深い教養を備えた研究者の育成、高度教養人の育成、
Ⅱ)柔軟な異文化理解と高度のコミュニケーション能力をもち、実社会で十二分に活躍できる高度職業人の養成です。
そのため、本研究科への進学を希望する学生は、研究対象となる当該地域に関する言語・文化・社会、あるいは国際社会の政治経済システムについて、あらかじめ十分な基礎知識を習得していることが望まれます。

言語文化専攻

言語・情報学研究コースと文学・文化学研究コースの2コースがあります。それぞれのコースには、個別言語や各地域の文化の枠を超えて研究を行う超域研究系と、個別言語や各地域の文化についてより深く研究する個別研究系という2系のカリキュラムが用意されています。研究を遂行するために十分な語学力と基礎知識、さらに世界諸地域の言語・文化についての深い関心を持ち、なおかつ学際的・分野横断的な研究をもおこないうる柔軟な思考力をそなえた学生、社会人の入学を期待しています。

言語応用専攻(高度職業人養成系)

日本語教育学専修コース、英語教育学専修コース、言語情報工学専修コース、国際コミュニケーション・通訳専修コースの4コースがあります。これら実践的な知識を重視する専攻では、留学生教育や各種国際シンポジウムなどが活発な本学において、実習の機会にも恵まれているといえます。言語・地域に深い関わりをもつ専門的な職業人として必要な豊かな学力に加えて、学際的な教育研究活動を実施する十分な基礎学力を持った学生の入学を期待しています。在職のまま学ぼうという高い意欲のある社会人も積極的に受け入れる方針です。

地域・国際専攻

地域研究コースと国際社会研究コースの2コースがあります。本専攻で指導可能な領域は、東アジア、東南アジア、南アジア、中東、アフリカ、オセアニア、ヨーロッパ、アメリカ、日本などほぼ世界の全域がカバーされています。グローバル化する現代社会を理解するために、さまざまなディシプリン(学問分野)を駆使しながら地域の視点とグローバルな視点を交錯させ関連づけながら教育・研究を進めていくのが本専攻の特徴です。研究を遂行するために十分な語学力と地域や世界についての知識、そして何よりも強い問題意識と柔軟な発想をもった学生、社会人のみなさんの入学を期待しています。

国際協力専攻(高度職業人養成系)

国際協力専修コースを平和構築・紛争予防(PCS)専修コースがあります。PCS コースでは、広く国際的に学生を募集し英語で授業を行ないます。本専攻では単に教室で学ぶだけでなく、積極的に現場で諸活動に参加したり各種国際的なセミナーやシンポジウムに参加したりする機会を通じて世界を直に学び取ることにも務めます。言語・地域に深い関わりをもつ専門的な職業人として必要な豊かな知見や学力に加えて、創造的な企画運営力を持った学生の入学を期待しています。在職のまま学ぼうという高い意欲のある社会人も積極的に受け入れます。