サポート体制

空白

語学を体で学び、文化や歴史を習得するには、その土地に行くことが何よりの早道です。百聞は一見にしかず。東京外国語大学では、学生の2人に1人が留学を経験します。1年間の留学を行う学生は、1学年の50%、400人に上ります。加えて、夏学期、冬学期に本学協定校が行うサマープログラム、スプリングプログラムに参加し本学の単位を修得する「短期海外留学制度」も始動。多くの学生が参加しています。

空白







ページ先頭へ