東京外国語大学の魅力

アフリカンウィークス2020

みなさんこんにちは!国際社会学部1年アフリカ地域専攻のあすぴーです!
今回は私たちアフリカ地域専攻の1,2年生が主体となって行なっているイベント「アフリカンウィークス」に関連して、
ある方のインタビューをお伝えします!



v_2020120901.jpg

こちらが「アフリカンウィークス2020」のポスターです!



そもそもアフリカンウィークスとは、私たち東京外国語大学アフリカ地域専攻の学生が、
アフリカにあまり馴染みがないという方々に、アフリカの魅力や直面している問題などを発信するというイベントです。
毎年テーマを決めてさまざまな企画を行なっているのですが、今年のテーマは「共生」に決定し、
African Weeks 2020 Jafrica~君と私とアフリカ~は11/30から12/18まで、オンラインで開催されています。

そこで!
この記事では、このイベントを主催するアフリカンウィークス実行委員会で実行委員長で、
私の先輩でもある田口聡香さんへのインタビューを紹介します!
主に、アフリカンウィークス2020の準備までの過程やイベントに込めた想いなどに関して、7つの質問に答えていただきました。

アフリカンウィークス実行委員会 委員長インタビュー


Q1: なぜ実行委員長になろうと思ったのか教えてください。

実行委員長を決める段階では、まだテーマも決まってなかったですし、特別やりたいということではなかったのですが、
「誰がやる?」という流れの中で「留学も今のところ予定してないし...」と何となく立候補していました。
アフリカンウィークス自体については、アフリカの負の先入観を覆すという例年の目標の大切さ・困難さを痛感する機会が最近多かったので、
参加したいという気持ちが強くありました。ですが実行委員長になったのは本当に軽い気持ちからです。


Q2: 今回のアフリカンウィークスのテーマは「共生」ですが、このテーマに決定した背景を教えてください。

テーマを決めた時は、ちょうど世界中でBLM(Black Lives Matter)運動が巻き起こっていたり、
新型コロナウイルスの感染拡大・それに伴う自粛モードの結果、予想できなかったところで不信感やすれ違いが起きていたり...
2020年は「自分と異なる考えや背景を持つ人と同じ社会で過ごすことって難しい」ということが全ての人に突きつけられた年でした。
多様な言語・文化・国際情勢について学ぶ外大生でも一部の人を傷つける言動を時にしてしまう、
あるいはそうしないためにどうすればいいのかわからないという委員の中の疑問をとことん考えるために、「共生」をテーマにしました。
今回はその中でも、日本社会に生きる人々の意識面(法などの制度面ではなく)に絞って様々な方法で観客も委員も考えられるようにしようと決めました。


Q3: さまざまな企画が実施されていますが、それぞれの企画のポイントは何ですか。

 〇 映画上映会(12/5実施)
上映する映画「バベルの学校」の舞台はアフリカでなくフランスなのですが、
異なるアイデンティティを持つ子どもたちの間の関係性について様々な発見があると思います。
今回はその発見や驚きを観客の皆さんと共有する場も大切にしました。

 〇 トークセッション(12/5実施)
この企画では、アフリカにルーツを持つ若者のためのコミュニティである
AYM(African Youth Meetup)の方々とのコラボレーションが実現しました。
コラボした皆さんにアドバイスを頂きつつ企画した結果、
ゲストの皆さんに共生について「教えてもらう」のではなく、ユースどうしということもあり、
「一緒に考える、疑問をそのままにしない」という場にしました。
観客の皆さんにも「質問」ではなく「考える・発信する」ということを重視していただきたいです。

 〇 トークライブ(12/11実施)
この企画には鈴木裕之さん、ニャマさんご夫妻が参加してくださり、それぞれ文化人類学者と歌手であるとともに、
文化の違いがある中パートナーとして生活しているお二人にお話しをしていただけます。
ニャマさんによるオンラインコンサートもある体験型の企画によって、
共生について言葉でも感性でも考えられる場になっています。

 〇 オンライン写真展・ポスター展示(ホームページで常時展示)
まず写真展についてですが、
これも事前に「日本の中にあるアフリカ」というテーマで写真を募集した観客参加型の企画です。
身近な視点でアフリカを見つけ、異なる文化どうしは共存可能であることやアフリカってそんなに遠い存在ではないことに気付くきっかけになると思います。
ポスターについては、委員が自らテーマを決めて調べた研究をオンラインで公開しているので、
私たちが普段学んでいる分野から「共生」のあり方を皆さんにお伝えできるかと思います。

 〇 SNSでの文化紹介(各種SNSで随時更新)
ゲストの方にご協力頂いたインタビューをサイトに掲載するとともに、
SNSでの投稿では文化というソフトな面からアフリカについて身近に感じてもらえるようこだわっています。
直球で共生について考える企画と、親しみやすい面から考える企画の両方を今年のアフリカンウィークスでは大切にしました。


Q4: 準備を進める中で、難しかったことや苦労したことはありますか。

打ち合わせもオンライン開催なので、委員内やゲストの皆さんとの間で
共生について意見を気軽に交換する機会が少なく、苦労しました。
打ち合わせ外での何気ない会話こそ、実は考えを深めてくれるものだったと痛感しました。
そのため、全ての企画において「それが当初の目標達成のために有効なのか」を、
全体のバランスも見ながら互いに客観視する作業が、オフライン開催時よりも重要性をもっていました。
 
また、展示などに当てはまるのですが、
「アフリカや共生に関心のない人がたまたま見る」という状況がオンラインでは作りにくく、
多くの方々に広報をしていただくことで補おうとしています。


Q5: 今年はオンライン開催になりましたが、アフリカンウィークス2020ならではの魅力は何ですか。

まず、参加にあたり地理的制約がなくなったことが大きな魅力です。
場所が違えば考え方も大きく異なるので、
外大や東京に留まっていては気づけないような意見が今年は多く出ると思っています。
また、それと似ていますが、オンラインで発信する機会が今回は多いので、
ウィークス開催期間を超えて、将来もアフリカンウィークス2020の様子を見ていただくことが可能です。
人の考えは変わり続けることから、ある意味で今回のアフリカンウィークスは評価や意義が更新され続けるようなおもしろいイベントになるはずです。


Q6: アフリカンウィークスに対する意気込みと、参加者の方々に伝えたいことを教えてください。

全ての人が試行錯誤し、それを発信しあうような場を多方面で作ることにこだわりました。
ぜひ、参加者の皆さんからも何でもいいので意見を発信してくだされば嬉しいです。
共生の意味やその実現方法とは正解がすぐには(というよりも永遠に)
見つからないものだと実感していますが、めげずに追究していきましょう。


Q7: 最後に、記事を見てくれている中高生のみなさんにメッセージをお願いします。

答えが無い疑問について考え続ける大変さ、自分の意見を明確にしてしまうことへの不安...
共生というテーマに限らず、高校生活の全ての場面でこれらを感じることがあったら、
(「あぁしんど!」ってなるかもしれませんが)頭の片隅で
これらと向き合い続けることを大切にしなきゃいけないなと今回感じました。
疲れたら誰かと共有しつつ、休みつつ、考え続けてみてください。


以上、アフリカンウィークス実行委員長の
国際社会学部アフリカ地域専攻2年・田口聡香さんのインタビューをお届けしました!
このコロナ禍において、外大生がどのような思いで、
どのような活動を行なっているのか、少しでも知っていただくきっかけになれば嬉しいです。
そして、まだまだアフリカンウィークス2020は続きます。
みなさんお気軽に、気になる企画やHP、SNSなど覗いてみてくださいね!

以上、あすぴーがお伝えしました!Kwaheri!(さようなら!)



アフリカンウィークス2020は下記よりどうぞ!

Webサイト:https://africanweeks2020.wixsite.com/jafrica
Twitter:https://mobile.twitter.com/aw2020jafrica
Instagram:https://www.instagram.com/africanweeks2020/


ページ先頭へ