大学紹介

HOME > 大学紹介 > 学長 : アクションプラン

このページを印刷する

アクションプラン

TUFS アクションプラン2013-2017

東京外国語大学長 立石博高

sinnたに学長となりました私は、その任期4年間(2013年4月~2017年3月)に実行に移すべき課題を、TUFSアクションプラン2013-2017として整理いたしました。

  当然のことながら、このアクションプランに盛り込まれた内容は、「東京外国語大学グランド・デザイン」の基本指針に述べられる、「世界諸地域の言語・文化・社会に関する高等教育の拠点」、「世界諸地域の言語・文化・社会に関する学際的かつ先端的な研究拠点」、そして「日本語教育研究の世界的な拠点」という拠点大学化に向けた努力を積み重ねて、本学が「地球社会時代の未来を拓く教育研究の拠点大学」となることをめざすための諸課題にほかなりません。ただし、改訂を経たとはいえ、現在の「東京外国語大学グランド・デザイン」は12年前に制定されたものであり、このTUFSアクションプラン2013-2017を遂行するなかで、数十年後をも念頭においた内容にブラッシュアップされるべきものと考えます。そうした意味で、グランド・デザインの精緻化もこのアクションプランの遂行のなかで果たしていきたいと思います。

  私は、東京外大を、21世紀を切り拓く「対話Dialogue」と「共創Co-creation」の場に!というスローガンを本学ガバナンスの基本姿勢として掲げます。すべての教職員と学生たちが「真摯に言葉を交わしあい、創造的な何かを求め合う」ことこそが、東京外大の未来にとって不可欠だと考えるからです。

  さらに、東京外大を、地球社会化時代に活躍する、卓越した教養と専門知を備えたグローバル人材養成の場に!というメッセージを、本学のめざすグローバル人材育成の目標として掲げます。21世紀の地球社会の共存・共生に寄与する人材(地球市民)は、総合的かつ地球俯瞰的な教養(Global Liberal Arts)と、地球社会(グローバル)と地域社会(ローカル)の諸課題に取り組む専門的知識(World Knowledge)を必要とするからです。

  亀山前学長のもとで実現した「言語文化学部」と「国際社会学部」への学部改編をしっかりと実質化し、本学のもつ言語研究と地域研究の二つの柱をいっそう強固なものにするよう、皆様と一緒に頑張りたいと思います。

グランド・デザイン
東京外国語大学は、地球社会化時代の未来を拓く教育研究の拠点大学をめざします。

I. 拠点大学化
  1. 世界諸地域の言語・文化・社会に関する高等教育の拠点
  2. 世界諸地域の言語・文化・社会に関する学際的かつ先端的な研究拠点
  3. 日本語教育研究の世界的な拠点
II. 国内外の大学間連携等による教育研究の高度化推進
III. 国内外における社会連携の展開
IV. 豊かな学生生活の実現
V. 拠点大学としての基盤整備

東京外大を、21世紀を切り拓く「対話Dialogue」と「共創Co-creation」の場に!
東京外大を、地球社会化時代に活躍する卓越した教養と専門知を備えたグローバル人材養成の場に!

グランド・デザイン実現のための諸課題
I. 世界的研究・教育拠点としての体制の確立
II. 国内外の大学連携等による教育研究の高度化推進
III. 国内外における社会連携および社会貢献の展開
IV. 豊かな学生生活実現のための環境整備
V. 拠点大学としての基盤強化と国内外のプレゼンス向上

このページのトップへ

Ⅰ.世界的研究・教育拠点としての体制の確立

(1) 大学院教育の強化・充実

(2) 学士力の強化に向けた教育の充実

(3) 教員の教育・研究力の向上

このページのトップへ

Ⅱ.国内外の大学連携等による教育研究の高度化推進

(1) 国際連携による共同研究の推進

(2) 大学連携センターを創設して、大学等機関間連携を推進

(3) 国際共同教育研究の推進体制の強化

(4) 国際連携による共同教育の推進

(5) 外国人研究者受入のための基盤整備

このページのトップへ

Ⅲ.国内外における社会連携および社会貢献の展開

(1) 社会・国際貢献基盤を創設して、社会貢献と国際連携の支援体制を強化

(2) 「TUFS人材アカデミー(GLOHRA)」の構築

(3) 「東京外国語大学(TUFS)オープンアカデミー」の充実

(4) 多言語・多文化教育研究の成果に基づく社会貢献の推進

このページのトップへ

Ⅳ.豊かな学生生活実現のための環境整備

(1) 学生支援基盤を創設して、学生生活と留学生支援の体制を強化

(2) 学生の自主性・積極性涵養のための支援

(3) 安全・安心な学生生活のための基盤整備

(4) グローバル・キャリア・センターの活動強化

Ⅴ.拠点大学としての基盤強化と国内外のプレゼンス向上

(1) 法人事業推進力の強化

(2) アラムナイ事業の展開

(3) 学術情報基盤体制の整備

(4) 広報力を強化して、本学のプレゼンスを向上

(5)財政基盤等の強化

このページのトップへ

特記
本学は、2019年に「独立120周年」を迎えます。上記のTUFSアクションプラン、なかでも、移転後10数年を経た施設・設備の改善、国際教育支援基金の事業継続、そしてTUFS社会・国際貢献センター(仮称)、TUFSアラムナイ・ラウンジ(仮称)、エメロテカ(定期刊行物館)(仮称)などの複合施設の設置をめざして、新たな基金事業「東京外国語大学独立120周年基金」を展開しなければなりません。2014年から2018年の5年間の事業を成功させて、本学を、21世紀を切り拓く「対話」と「共創」の場にすることに、奮闘する所存です。皆様のご協力とご支援を心よりお願いします。

TUFSアクションプラン2013-2017
平成25年4月

 

アクションプラン2013-2017
TUFSアクションプラン2013-2017 リーフレットPDF


過去のアクションプラン