大学紹介

HOME > 大学紹介 > 大学概要:大学の歴史沿革

このページを印刷する

大学の歴史沿革

大学の歩み

本学の歴史はたいへん古く、その起源は江戸幕府により1857年に開校された蕃書調所まで辿ることができます。日本における外国研究の歴史は本学の祖となる官営学校によって始まったといっても過言ではありません。しかしながら、近代的な教育機関としての本学の創立年をはっきりしめすことは容易ではありません。なぜなら、本学は、日本の近代教育の黎明期につくられ、紆余曲折をへて、現在、東京大学・一橋大学などになっていった明治時代の諸教育機関と共通の根をもつものだからです。

明治2年に作られた英語・仏語の2学科の「開成学校」(現、東京大学)をへて、明治6年(1873年)に発足した東京外国語学校は、近代的な学校組織としては本学の「祖」となるものです(英、独、仏、ロシア、中国語の5語学科)。しかしながら、この学校は1887年に、他の学校と合併して東京商業学校(のちの高等商業学校。現、一橋大学)となり、外国語教育の独立した教育機関はいったんわが国から姿をけしました。


明治6年4月 文部省制定の「外国語学校教則」の表紙(右)
「明治7年3月 東京外国語学校官員並生徒一覧」の表紙(左)

しかし、明治30年(1897年)に、高等商業学校に附属する機関として、外国語学校が再興されました。このため、本学としては、自分たちの創設を1897年と考えています。つづく、明治32年(1899年)、高等商業学校附属外国語学校は、東京外国語学校と改称され、高等商業学校から分離されました。以後、東京外国語学校は、名前を変えながらも、独立した国立の教育機関としての現在までつづく歴史を歩んでいます。

以上の歴史を踏まえ、本学は、1873年を建学の年、1897年を創立の年、1899年を独立の年、と呼んでいます。


明治32(1899)年に高等商業学校から独立し、校舎を神田区錦町3丁目14番地に移転した東京外国語学校の正門と校舎
ー『PER ANGUSTA AD AUGUSTA 1913』より

本学は第二次世界大戦後の1949 年、新制大学として発足しました。新制大学発足当初は12学科からなる外国語学部のみでしたが,じょじょに学科や部局の数をふやし、学部のほかに、博士課程を持つ大学院地域文化研究科,全国共同利用研究所であるアジア・アフリカ言語文化研究所、教育関係共同利用拠点である留学生日本語教育センターからなる大学へと発展しました。また、2012年には学部改組が行われ、言語文化学部と国際社会学部という2つの学部が誕生しました。

キャンパスは、当初は、東京の神田錦町に位置していました。火災や地震、戦災により何度か移転を余儀なくされましたが、1940年以後は、主に、東京北西部、北区西ヶ原の校舎を利用してきました。2000年、本学は東京西部に位置する府中市の現キャンパスに移転し、近代的な設備と高度な情報環境のもとでの、教育・研究を実現しました。


西ヶ原キャンパスの前庭と講堂、1号館、図書館

こうした100年を超える歴史をふまえ、東京外国語大学は21世紀の日本における国際的な学問研究、学術交流の拠点のひとつとして重要な役割を果たし続けています。


現在の府中キャンパス

このページのトップへ

年表

1873年 11月4日 東京外国語学校(官立)、第一大学区東京第四大区二小区一ツ橋通町一番地に開設。5学科(英・仏・独・露・清語)を設置
1874年 12月24日 英語学科が東京英語学校設置に伴い同校に移行、よって4学科(仏・独・露・清語)となる
1880年 3月 朝鮮語学科設置
1884年 3月26日 東京外国語学校に所属高等商業学校を設置
1885年  8月14日 仏・独語学科が東京大学予備門に移行、よって3学科(露・清・朝鮮語)となる
9月22日 東京外国語学校及び同校所属高等商業学校と東京商業学校が東京商業学校として合併
1896年 1月 第九帝国議会において衆議院及び貴族院の両院が外国語学校の開設を建議
1897年 4月22日 高等商業学校に附属外国語学校附設
7学科(英・仏・独・露・西・清・韓語)を設置。修業年限3年
1899年 4月4日 高等商業学校附属外国語学校が東京外国語学校(神田錦町3丁目14番地)と改称されるとともに、文部省管轄3官立専門学校の一つとして独立
伊語学科を設置し、8学科となる
1911年 1月 新たに5学科(蒙古語、暹羅語、馬来語、ヒンドスタニー語、タミル語)を設置し13学科となる
韓語学科を朝鮮語学科に改称
1913年 2月20日 神田大火により校舎全焼
2月24日 文部省修文館のほか東京高等商業学校分教場の一部を借用し、授業開始
9月5日 本校敷地内に仮校舎を新築
清語学科を支那語学科に改称
1916年 1月17日 葡語学科を設置し、14学科となる
1919年 9月4日 各学科の名称を部に改正、各部を文科、貿易科、拓殖科に分ける
1921年 4月10日 麹町区元衛町一番地の新校舎に移転
1923年 9月1日 関東大震災により附属建物を除き全焼
11月1日 牛込区市ヶ谷の陸軍士官学校の一部を借用し授業開始
1924年 3月3日 麹町区竹平町一番地の元文部省跡の新築仮校舎に移転
1927年 3月28日 朝鮮語部廃止により13語部となる。修業年限4年に改正
1940年 7月24日 滝野川区西ヶ原町の元海軍爆薬部跡に木造校舎を新築
1941年 5月21日 暹羅語部を泰語部に改称、暹羅語を泰語に改称
1944年 4月26日 東京外事専門学校と改称。修業年限3年に改正
第一部(支那、蒙古、タイ、マライ、インド、ビルマ、フィリピン、イスパニヤ、ポルトガルの9科)及び第二部(ドイツ、フランス、ロシヤ、イタリヤ、英米の5科)を設置
別科として専修科(修業年限2年)及び速成科(修業年限1年)を設置
5月31日 麹町区竹平町一番地から書庫を除き滝野川区西ヶ原町の新築校舎に移転
1945年 4月13日 戦災により校舎等全焼
5月 戦災により校舎等全焼のため下谷区上野公園東京美術学校、図書館講習所、美術研究所内に移転。7月から授業開始
1946年 6月1日 板橋区上石神井1丁目216番地の智山中学校校舎の一部借用
7月22日 支那科を中国科に、タイ科をシャム科に改正し、支那語を中国語に、タイ語をシャム語に改称
8月1日 板橋区上石紙井1丁目79番地の東京工業専門学校の電波兵器技術専修学校跡を借用して移転し、9月から授業開始
8月16日 マライ科をインドネシヤ科に、フイリピン科をフイリッピン科に改称
1949年 3月23日 北区西ヶ原町の校地に戦災復旧木造校舎を新築
5月31日 国立学校設置法の施行により東京外国語大学設置(東京外事専門学校を包括して設置)。修業年限4年。
6月1日 12学科(英米、フランス、ドイツ、ロシヤ、イタリヤ、イスパニヤ、ポルトガル、中国、蒙古、インド、インドネシヤ、シャム)を設置
8月30日 元ブラジル駐剳特命全権大使澤田節蔵、初代学長に就任
1951年 3月31日 東京外事専門学校を廃止
1954年 7月5日 外国語学部に海外事情研究所を開設
9月 留学生別科を設置。修業年限1年。
1955年 12月16日 初めての選挙により教授岩崎民平が第二代学長に就任
1956年 3月31日 専攻科の設置。修業年限1年
専攻課程「英語、フランス語、イタリア語、ドイツ語、ロシヤ語、イスパニヤ語、ポルトガル語、中国語、蒙古語、ウルドゥ語、ヒンディー語、インドネシヤ語、シャム語」の13専攻
1959年 7月1日 外国語学部に語学研究所を開設
1960年 3月 留学生別科を廃止
4月1日 留学生課程を設置。修業年限3年
1961年 4月1日 学科を科に改称。イスパニヤ学科、ポルトガル学科、蒙古学科、インド学科、シャム学科をそれぞれスペイン科、ポルトガル・ブラジル科、モンゴル科、インド・パーキスターン科、タイ科に改称。アラビア科設置。
12月16日 教授小川芳男が第三代学長に就任
1964年 4月1日 科を語学科に改称
タイ科をインドシナ語学科に改称
アジア・アフリカ言語文化研究所を設置
1966年 4月1日 大学院外国語学研究科修士課程を設置
1968年 4月1日 特設日本語学科を設置
1970年 4月1日 北区西ヶ原に附属日本語学校を設置
1971年 3月 府中市住吉町5丁目10番地1号の新校舎に附属日本語学校移転
4月1日 教授鐘ヶ江信光が第四代学長に就任
田沢湖高原研究施設を開設
1972年 3月 留学生課程を廃止
1975年 4月1日 教授坂本是忠が第五代学長に就任
大学院外国語学研究科修士課程に日本語学専攻を設置
1977年 4月1日 朝鮮語学科を設置
大学院地域研究研究科修士課程を設置
1980年 4月1日 ペルシア語学科を設置
1981年 12月1日 教授鈴木幸壽が第六代学長に就任
1984年 4月1日 インドネシア語学科をインドネシア・マレーシア語学科に改称
1985年 4月1日 特設日本語学科を日本語学科に改組
国際交流会館開設
11月6日 評議会において府中市関東村跡地への移転について意思決定
12月1日 教授長幸男が第七代学長に就任
1986年 4月1日 附属日本語学校地に留学生教育教材開発センターを設置
1989年 9月1日 教授原卓也が第八代学長に就任
1991年 4月1日 ロシヤ語学科をロシヤ・東欧語学科に改組
1992年 4月1日 大学院地域文化研究科博士課程(前期・後期)を設置、外国語学研究科修士課程及び地域研究研究科修士課程を地域文化研究科に統合
インドネシア・マレーシア語学科とインドシナ語学科を東南アジア語学科に改組
4月10日 附属日本語学校と留学生教育教材開発センターを留学生日本語教育センターに改組
1993年 4月1日 アラビア語学科とペルシア語学科を中東語学科に改組
6月24日 国の機関等移転推進連絡会議において本学の移転場所として東京都府中市旧関東村住宅跡地を決定
1995年 4月1日 外国語学部を7課程(欧米第一、欧米第二、ロシア・東欧、東アジア、東南アジア、南・西アジア、日本)3大講座(言語・情報、総合文化、地域・国際)に改組
9月1日 教授中嶋嶺雄が第九代学長に就任
1996年 4月1日 大学院地域文化研究科に「国際文化講座」(博士講座)を設置
外国語学部に総合文化研究所を開設
8月21日 文部省の国立学校施設計画調整会議において新キャンパス基本設計を了承
1997年 4月1日 アジア・アフリカ言語文化研究所に情報資源利用研究センターを設置
4月22日 創立百周年(建学百二十四年)記念式典挙行
9月26日 府中新キャンパス起工式挙行
10月22日 情報処理センターを設置。
大学院(国際文化講座)に教員任期制導入
1998年 10月1日 ISEP TUFS(東京外国語大学国際教育プログラム)開設
1999年 4月1日 大学院地域文化研究科に「国際協力講座」(博士講座)を開設
11月4日 独立百周年(建学百二十六年)記念式典挙行、『東京外国語大学史』刊行。ドナルド・キーン氏(コロンビア大学名誉教授)に最初の名誉博士学位を授与
2000年 4月1日 副学長(2人)、外国語学部長が設置される
大学院地域文化研究科に最初の連携講座(連携先・日本銀行金融研究所)を設置
8月11日 府中新キャンパスに移転
9月27日 府中新キャンパス・オープニング・セレモニー挙行、10月2日より新キャンパスにて授業開始
2001年 3月15日 東京医科歯科大学、東京外国語大学、東京工業大学、一橋大学間において「四大学連合憲章」調印
4月1日 大学院地域文化研究科に連携講座(連携先・国際協力事業団)を設置
5月10日 東京外国語大学本郷サテライト開設
9月1日 教授池端雪浦が第十代学長に就任
2002年 2月1日 アジア・アフリカ言語文化研究所が府中キャンパスに移転
4月1日 大学院地域文化研究科に「対照言文情報講座」(博士講座)を設置
外国語学部附属施設の海外事情研究所、語学研究所、総合文化研究所を廃止し、新たに学内附属施設として海外事情研究所、語学研究所、総合文化研究所を開設
2003年 4月1日 大学院地域文化研究科に連携講座(連携先・日本貿易振興会アジア経済研究所)を設置
2004年 2月23日 留学生日本語教育センターが府中キャンパスに移転
4月1日 国立大学法人法に基づき国立大学法人東京外国語大学設立
国立学校設置法の廃止により、東京外国語大学は国立大学法人東京外国語大学が設置する国立大学となる
大学院地域文化研究科に「平和構築・紛争予防講座」(博士講座)を設置
10月1日 学内附属施設として国際環境法研究センターを設置
2005年 4月1日 大学院地域文化研究科に「言語教育学講座」(博士講座)を設置
9月1日 国際学術戦略本部を設置
2006年 4月1日 大学院地域文化研究科博士前期課程の全専攻を、言語文化専攻、言語応用専攻、地域・国際専攻、国際協力専攻に改組
情報処理センターを廃止し、総合情報コラボレーションセンターを設置
学内附属施設として多言語・多文化教育研究センターを設置
2007年 3月7日 アジア・アフリカ研究・教育コンソーシアムを設立
4月1日 学内附属施設として地球社会先端教育センターを設置
9月1日 教授亀山郁夫が第十一代学長に就任
2008年 10月1日 東京外国語大学出版会を設立
2009年 4月1日 大学院総合国際学研究院を設置
大学院総合国際学研究科を設置し、博士後期課程の地域文化専攻を言語文化専攻と国際社会専攻に改組
国際日本研究センターを設置
世界言語社会教育センターを設置
2010年 4月1日 アゴラ・グローバルを開設
アジア・アフリカ言語文化研究所が共同利用・共同研究拠点に認定
2011年 4月1日 学内附属施設として国際関係研究所を設置
2012年 4月1日 外国語学部を改編し、言語文化学部、国際社会学部を設置
大学文書館を設置
7月31日 留学生日本語教育センターが教育関係共同利用拠点に認定
2013年 4月1日 教授立石博高が第十二代学長に就任
学内附属施設として大学連携センター、教育情報化支援センターを設置
10月1日 社会・国際貢献情報センターを設置
11月1日 多摩アカデミックコンソーシアム(TAC)に加盟
2014年 9月26日 文部科学省スーパーグローバル大学構想(タイプB:グローバル化牽引型)に本学構想「世界から日本へ、日本から世界へ―人と知の循環を支えるネットワーク中核大学―」が採択
2015年 4月1日 国際日本学研究院を設置
留学生支援共同利用センター、現代インド研究センター(2016.4.1南アジア研究センターに改名)を設置
2016年 4月1日 大学文書館が国立公文書館等指定機関に認定
ワールド・ランゲージ・センター(通称LINGUA)を設置

このページのトップへ

変遷図


(↓クリックすると拡大します)

大学歴史資料の収集・整理・保存(東京外国語大学文書館)