大学紹介

HOME > 大学紹介 > 大学間の連携 : 国内における連携 > EUIJ

このページを印刷する

EUIJ

EUIJとは

EUIJEU Institute in Japanの略語です。

2004年4月1日、欧州連合(EU)の日本における学術研究拠点として東京に創設されたEUIJは日本の大学生、研究者そして市民に、EUについて学ぶより多くの機会を提供することを一つの目的にしています。

EUIJは、一橋大学、国際基督教大学、東京外国語大学、津田塾大学が構成する大学コンソーシアムによって運営され、主として欧州委員会から事業資金が拠出されます。米国、カナダ、オーストラリア、ニュージーランドではすでに同様のEUセンターが設立、運営されています。

大学学部学生、大学院生向けEU関連コースの新設、欧州からの教授招聘、奨学金提供、インターンシップの支援、欧州の大学との共同研究や学術交流の推進といった活動を通じ、このコンソーシアムはEU研究の拡大・深化を目的とする研究拠点です。EUをテーマにした日本語教材やカリキュラムの開発により、多くの日本人学生が正規科目の中で、EUに親しむことを可能にし、必要単位を修得した学生には、EUIJからEU 研究の修了証書が授与されます。

EUIJは学術研究の拠点となるだけでなく、EUの政策に関する認識を高め、国際シンポジウム、ビジネスセミナーまた市民向け公開講座などを開催し、ウェブサイト、ニュースレターおよび図書館など情報源の充実といった普及活動を展開する予定です。

EUIJの活動予算130万ユーロの75%は欧州委員会が、25%はコンソーシアムの4大学が拠出します。

EUIJを通じ、EUの独特で興味深い法制、政治、行政、歴史、そして多様な言語と文化などについて学びましょう。